子供それぞれに寝る前の儀式ってありますよね。

1歳と3歳の娘がいるんですが、それぞれ寝る前の行動というか、これをしないと寝られないというものがあります。

上の子はわたしのほっぺたを両手で挟むのが癖で、それをしないと眠りにつけないみたいです。
お昼寝をしてないときはすんなりほっぺに手を持ってくるんですが、お昼寝をしたときとか、そんなに疲れてないときなんかはずーっと布団のなかで喋ってるので先に下の子を寝かしつけようとするですがいよいよ眠たくなってきたなというときになると、
「ママのお顔みせて。」
と言われて、ほっぺたを両手で挟まれるので、あーもうすぐねるなーってのがわかります。

下の子は顔のパーツをさわるのは共通してるんですが、場所が少し違って、わたしの耳を触りながら寝るのが癖です。
下の子はお昼寝をするのでお昼寝のときはだっこで寝かすんですがその時もだっこされながら耳たぶをぷにぷにしてきます。笑
抱っこしてゆらゆらしてても耳をさわってこないときはいくらやっても寝ないのでさっさと諦めて疲れるまで遊ばせることができるのである意味分かりやすくていいですね。

夜はだっこじゃなくても添い寝で寝るので耳たぶを触りながら寝てくれます。
厄介なのが二人同時に眠たくなると、二人ともがわたしの顔を取り合うのでいいポジションにこないらしく二人とも寝れないという。。

今日もそのややこしいことになってましたがなんとか寝てくれました。笑
なかなかおもしろいですね。http://www.monitage.me/