経済評論家の須田慎一郎氏が将来的にやってみたいこと

強面経済評論家の須田氏はいつか高校教諭をやりたいらしいのですが、この人なら向いてるかもしれないと思いました。
そして最近格下げ人事に遭ってしまった元東スポ副主幹の長谷川氏はどうも大学教授になりたかったようですが、
その思いとは裏腹な現実を目の当たりにして愕然とした様子でした。
その現実とは新聞やテレビ業界から大学へ再就職していく人たちはほとんど使い物にならないということを現役の某有名教授の口から聞いたからに他なりません。
ちょっと信じられませんが論文1つ書けない者が大部分だという話でしたがそういったのは初めから論外でしょう。
なぜそういったバカ者を教授にするのかが私には理解できませんが。
また最初から大学にいて教授を目指している人たちに最も邪魔な存在だと思われていることも知っておかなければならないでしょう。
ただ元新聞社やテレビ業界の人は業界のことに関しては当然詳しいわけで、そうした業界に興味のある生徒たちにとってはすごくありがたい存在なので
簡単に希望を捨てるのはもったいような気もしました。
それでも教授になれそうにない人はワンランク落として高校教諭を狙えばもいいと思いますが問題はプライドを捨てられるかでしょう。キレイモ 全身脱毛